前半に3失点して敗れた磐田戦後、サガン鳥栖のGK朴一圭(パク・イルギュ)は「苦しいときこそ、自分たちのサッカーをやり続けることを共有できれば、前半大崩れすることはなかった」と冷静に分析した。