昨秋優勝し、NHK杯は準優勝。第1シードで臨む夏舞台に、森田監督は「流れをつくるではなく、相手に流れを渡さない野球をしたい」と意気込む。 どこからでも得点できる打線が強み。香月、上田の1、2番が出塁し、中島秀、長谷尾の中軸が返す。下位打線も3人で終わらない攻撃で主導権を譲らない。