表彰を受けた田中紀代子さん(右)とガラパゴス代表の小栁由加里さん(左から2人目)=武雄市朝日町の乃多屋

 国際ソロプチミスト佐賀フレンズ(江頭淑子会長)は22日、2021年度のクラブ表彰式を武雄市内で行った。就業機会向上のために努力する女性や、地域社会のニーズに応えるボランティア活動に従事する2個人、1団体に表彰状と賞金を贈った。

 働きながら2人の子どもを育て、正看護師を目指して武雄市内の看護学校で勉学に励む髙塚安紀さん(39)に「夢を生きる賞」、5年前から新入生に健やかな成長を願い小さなランドセルを付けたストラップを贈り続ける武雄市の田中紀代子さん(55)に「社会ボランティア賞」を贈呈。小学生から高校生までの障害のある子どもたちに、居場所を提供する活動を続けるNPO法人ガラパゴス(武雄市、小栁由加里代表)には活動資金を贈った。

 表彰式で、田中さんと小栁代表は「地道に活動してきたことを評価してもらい、今後の励みになる」と喜んだ。江頭代表は「皆さんのそれぞれの活動を27人の会員一同、これからも応援したい」とたたえた。(澤登滋)