佐賀県選挙管理委員会の大川正二郎委員長は参院選が公示された22日、談話を発表した。

 今回の選挙を「内政、外交ともに課題が山積している中、これからのわが国の将来を決める重要な選挙となる」と位置付けた。

 投票所が新型コロナウイルスの感染防止対策を講じていることも紹介し、「選挙公報や政見放送、演説会、候補者・政党のウェブサイトなどを通じて、政策や主義・主張を十分に見極め、主権者の一人として自覚ある一票を進んで投じてほしい」と期日前投票の活用や、投票率向上についても呼びかけた。(大橋諒)