日本百貨店協会が20日発表した5月の既存店売上高は前年同月比0・04%減となり、ほぼ横ばいだった。訪日外国人客向けの販売が好調だったが、前年と比べて日曜日が1日少なく、減少要因となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加