山﨑信二氏

 唐津を中心に化粧品産業の集積を目指す一般社団法人「ジャパン・コスメティックセンター(JCC)」は22日に総会・理事会を開き、新会長に山﨑信二氏(65)=ブルーム社長=を選出した。任期は2年。初代会長を務めたアルバン・ロバート・ミュラー氏=仏コスメティックバレー前会長=は退任し、顧問に就く。

 化粧品輸出入の代行などを手掛ける山﨑氏は、2013年の設立当初から副会長を4期8年務めてきた。山﨑氏は「行政や民間、研究機関なども加わった組織で、ビジネスとして収益性を上げていくのが課題」とした上で、「(化粧品関連の)民間企業は唐津地区にそろってきた。自然の原料を使った良い製品を佐賀ブランドとしてアピールし、海外輸出に力を入れたい」と抱負を語った。

 副会長には岩瀬由典氏=岩瀬コスファ社長=が新たに就き、川島勝郎氏を再任した。オンラインでの総会では22年度の事業計画を確認した。(横田千晶)

 新任の理事は次の通り。

 入交裕司氏(トレミー代表取締役)陣野公司氏(本州印刷社長)大西晋嗣氏(九州大学副理事)北村志帆氏(佐賀県コスメティック構想推進室長)畔田嘉陽氏(唐津市企業立地課長)