予選トーナメント2回戦・トヨタ紡織九州-大同特殊鋼 後半、こぼれたボールを競り合いながら奪う紡織の清家卓也(中央)=福井県営体育館

 ハンドボールの高松宮記念杯第10回全日本社会人選手権第2日は22日、福井県営体育館などであった。ベスト4を懸け、初戦の予選トーナメント2回戦に挑んだ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は、大同特殊鋼(愛知県)に27-33で競り負け、決勝トーナメント進出はならなかった。

 トヨタ紡織九州は一進一退の点の取り合いとなった前半を14-13とリードして折り返した。後半は相手の堅い守備に攻撃を阻まれる場面が目立った。逆転を許した後に連続5失点するなどペースをつかめなかった。

 第3日は23日、福井県のトリムパークかなづなどであり、トヨタ紡織九州は5~8位決定トーナメント1回戦で昨季リーグ2位の強豪トヨタ車体(愛知県)と対戦する。(鶴澤弘樹)

 

 ▽予選トーナメント2回戦

 

大同特殊 33 13―14 27 トヨタ紡

鋼      20―13   織九州