0・5ミリの厚さの紙を蛇腹に折り曲げ、ねじれたフォルムを作る。角度を付けることでねじれが生じるが、パーツがうまくかみ合うまで、角度を1度ずつ変える。一つの作品ができるまでの試作品は100個は下らない。 特殊な道具を使わずに加工できる、自由に折り曲げられる、費用も安い-。