陸上自衛隊西部方面隊(熊本市)は20日、南海トラフ巨大地震を見据えた九州・沖縄8県や関係省庁などとの広域合同訓練を、同市の熊本地方合同庁舎を拠点に実施した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加