幕末・明治期に焼き物貿易に取り組んだ有田の豪商、田代紋左衛門(1817~1900年)の一族が残した記録を読み解く作業を、有田町歴史民俗資料館の尾崎葉子館長と田代家の関係者が進めている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加