福富小の給食に混入していたステンレス製のたわしの一部(白石町教委提供)

 杵島郡白石町教育委員会は20日、福富小の給食に金属片が混入していたと発表した。健康被害の報告はない。

 同日の給食を食べていた教諭が副菜の「おからのいり煮」の中にステンレス製のたわしの一部(長さ2センチ、太さ1ミリ)が入っているのを見つけた。児童や教職員はほぼ食べ終わっていたという。他に混入の情報はない。

 給食は校内で調理しているが、ステンレス製たわしは使っていない。町教委では業者が納入した食材に交じっていたとみて、複数の業者に連絡して調べている。(小野靖久)