県内の新型コロナ感染者状況(6月20日発表)

新型コロナの県内感染者数(6月20日発表)

 佐賀県は20日、131人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染確認は延べ5万4916人になった。

 感染者のうち、既に把握している陽性者とは関連がない新規は50人だった。年代別では10歳未満が21%(28人)で最も多く、40代以下で76%を占めた。再陽性は1件で、累計168件。

 15日に県内で初確認されたオミクロン株派生型「BA・5」を巡り、該当女性の家族ら陽性者9件のゲノム解析を実施したところ、7件がBA・5だった。残り2件のうち1件は、初確認となる「BA・2」の亜系統だった。県はBA・5や亜系統について「入院リスクや重症度が特に高いものではなく、基本的な感染予防策の徹底が必要」と呼びかけている。

 病床使用率は8・2%、重症者はゼロで、中等症患者の病床使用率は0・9%(5人)。療養ホテルの使用率は12・8%で、1083人が自宅療養している。(円田浩二)