予選リーグ・伊万里実―辺土名 決勝進出を懸けた試合で競り合う伊万里実の選手たち(赤のユニホーム)=19日、鹿児島県薩摩川内市(提供)

 全九州高校体育大会は20日、鹿児島県などで5競技が行われ、男子ホッケーで伊万里実が準優勝した。バドミントン女子シングルスでは、今泉明日香(佐賀女子)が3位に入った。

 21日は長崎県でラグビーが行われる。

 ○…ホッケー男子の伊万里実は決勝で玖珠美山(大分)に2―3で敗れた。目標は無失点で優勝することだっただけに、仙名洋一監督は「守備で自滅し、果たせなかった」と厳しく結果を見つめた。

 1―0で迎えた第2クオーター。ボールを奪った相手に「次々と守備陣を抜かれた」とDF原雅珠主将。同点シュートを許し、チームの士気は下がった。

 さらに2失点し、第4クオーターに1点を返したが、優勝には届かなかった。19日に全国切符はつかんでいたが、原主将は「優勝を狙っていたので悔しい」と声を落とした。「守備の動きがばらばらになっていた。全国大会までに修正したい」。3年ぶりの全国舞台に向け、一から再起を目指す。(草野杏実)