佐賀県の支援制度を受けて県内企業がクラウドファンディング(CF)で資金調達した件数が2021年度、過去最高の32件になり、20年度の20件から大きく伸びた。CFの社会的な浸透と金融機関などの「支援者」が増え、CFに挑戦する企業や案件の掘り起こしが進んだためとみられる。