事務所開きで参院選に向けた決意を述べる稲葉継男氏=佐賀市本庄町

 22日公示、7月10日投開票の参院選佐賀選挙区(改選数1)に政治団体「参政党」公認で立候補を予定している新人の稲葉継男氏(46)=唐津市出身、東京都=の事務所開きが19日、佐賀市本庄町であった。稲葉氏は国民の政治不信に言及し「『政策よりも政治家』をテーマにしたい。既成政党からいくら政策が出ても日本は変わらなかった。参政党というプラットフォームを使い、私たち一般市民の思いを届けていく」と決意を述べた。

 参政党佐賀支部員ら約20人が出席。党本部の神谷宗幣事務局長による演説の動画や「一、二、参政党」の掛け声で気勢を上げた。

 選対本部長の朝長勇武雄市議は「支部が立ち上がってまだ1カ月で国政選挙に挑戦するなんてほぼありえないことだが、団結力は他の政党をしのぐ」と自負。「今の不透明な日本の未来にくさびを打ち込む。志を忘れず力を合わせて頑張っていこう」と呼びかけた。

 午後は鳥栖市のJR鳥栖駅前でも街頭活動を実施した。(志垣直哉)