風鈴の絵付けに挑戦する有田小6年生=有田町の同校

風鈴の絵付けに挑戦する有田小6年生=有田町の同校

松尾嘉之さん(右)の指導を受け風鈴の絵付けに挑戦する有田小6年生=有田町の同校

松尾嘉之さん(右)の指導を受け風鈴の絵付けに挑戦する有田小6年生=有田町の同校

 有田町の有田小6年生18人が15日、風鈴の絵付けに挑戦した。白磁の肌に涼しげな絵や楽しい文様を思い思いに描き、自分だけの絵柄の作品を仕上げた。

 同校で長年指導している赤絵師の松尾嘉之さん(68)=松尾錦工房=から教わった。筆の運びや色の使い方の助言を受けながら、赤、黄、緑、青、黒の5色の絵の具で金魚や花、市松模様などを描いた。

 赤と青のヒガンバナを描いた土居謙悟君は「線を引くのが難しかったけど、何度かやり直してイメージ通りに描けた。出来上がるのが楽しみ」と話した。

 風鈴は窯で焼いた後に短冊を付けて完成する。全員の作品を同町幸平の有田館に8月31日まで展示する。(青木宏文)