女子800メートル決勝 2分10秒93で5位になった白石の前田穂乃香(中央)

 昨年から狙っていた全国舞台にたどり着いた。女子800メートル決勝で前田穂乃香(白石)が2分10秒93の5位に入り、インターハイ出場を決めた。「自己ベストを3秒縮めることができた」と笑顔がこぼれた。

 「思ったより速いペース」と序盤は焦りもあったが「後ろでできるだけ粘る」と心を決めた。順位は分からなかったが「とにかく前に前にという気持ち」で走り、ラスト100メートルでライバルをかわした。

 予選で2分10秒58を記録し、自己ベストを更新。全国総体に向けて「2分10秒を切るタイムを狙っていきたい」とさらなる高みを見据えた。(小部亮介)