3人制バスケットボール男子プロリーグの中国・九州地区は18日、広島県の呉市中央公園で第3ラウンドが行われた。レオブラックスサガ(唐津市)が頂点に立ち、参戦5年目で初のラウンド3連勝を飾った。

 レオブラックスサガは予選リーグ1勝1敗の2位で、準決勝はトライフープ岡山に21-6で圧勝した。決勝は予選リーグで惜敗した福岡と再戦。外国人3選手の力強いプレーや藤根誠の2点シュートなどを生かし、21-11でリベンジを果たした。

 第4ラウンドは7月9、10の両日、仙台市のゼビオアリーナ仙台で開かれる。(松岡蒼大)

 

 予選リーグ 福岡21―20レオブラックスサガ、レオブラックスサガ21―10福山バッツ ▽準決勝 レオブラックスサガ21―6トライフープ岡山

 ▽決勝

レオブラックスサガ 21―11 福   岡