イチゴ産地活性化について意見交換する県やJAの関係者と生産者ら=佐賀市のホテルグランデはがくれ

 佐賀県などが進める「イチゴ産地の活性化プロジェクト」の意見交換会が、佐賀市のホテルグランデはがくれで開かれた。生産者やJAなど関係者約50人が参加。収穫作業の大変さだけでなく、高収入が実現できることを後進に伝える重要性を強調した。

 JAさが白石地区の担当者らが、イチゴのトレーニングファームなど活性化に向けた取り組みを紹介した。技術習得から独立、就農まで切れ目のないサポートを2年間行い、移住に向けた情報を提供していることを説明した。単価が高い時期に出荷量を増やせるか、トレーニングファームより規模が大きいハウスでの作業に対応できるかなどの課題も指摘した。

 出席した県農業士からは「いちごさんは栽培しやすく、新規就農者で県内トップの収量を上げた例がある」「若者が集まる会合にわざと高級車に乗って行き、イチゴがもうかることをアピールしている」と就農を促すアイデアを披露していた。(大田浩司)