燃料や肥料、飼料価格の値上がりを受け、支援を山口祥義知事(左から3人目)に要請したJA佐賀中央会の金原壽秀会長(同4人目)と4農協の組合長=佐賀県庁

 ウクライナ情勢や中国からの輸出停滞、円安などで燃料や肥料、飼料価格が値上がりしていることを受け、JA佐賀中央会と佐賀県農政協議会は17日、県に支援を要請した。生産者の負担を軽減できるよう、国の対策が行き届かない部分への対応を求めた。

 JA佐賀中央会の金原壽秀会長が要請書を山口祥義知事に手渡した。JAさがの大島信之氏ら4農協の組合長も出席した。

 要請書には、園芸生産の燃料費を支援する県の事業継続や拡充、肥料や配合飼料の価格高騰の影響を受ける生産者へのサポート、万全な対策が取れるよう国への働き掛けなどを盛り込んでいる。

 山口知事は「国に政策提案しており(国の動向を見ながら県としても)、9月にさらなる対応をしたい」と応じた。

 金原会長は「佐賀県はタマネギが基幹作物でかなりの肥料を使う。作物が違えば(農業)体系が違い、国の対策だけで十分か心配がある」と指摘し、「国で消費する食べ物は国で生産する観点からも、中山間地を含めてしっかり手当てしないといけない」と佐賀農業の実情に応じた対策を要望した。(大田浩司)