男子グレコローマン87キロ級決勝 優勝した角雅人(右)=駒沢体育館

 レスリングの世界選手権(9月・ベオグラード)代表選考会を兼ねた明治杯全日本選抜選手権第2日は17日、東京・駒沢体育館で行われ、男子フリースタイルは74キロ級で高谷大地(自衛隊)が初優勝し、世界選手権代表に決まった。

 61キロ級は樋口黎(ミキハウス)が初制覇し、125キロ級で4連覇を達成した山本泰輝(自衛隊)とともに代表入り。

 女子57キロ級は昨年の55キロ級世界女王、桜井つぐみ(育英大)が頂点に立ち、同65キロ級は森川美和(ALSOK)が2連覇で代表切符をつかんだ。

 男子グレコローマンスタイルは、67キロ級を遠藤功章(東和エンジニアリング)が制し、72キロ級は井上智裕(FUJIOH)が2連覇。87キロ級は角雅人(鳥栖工高―自衛隊)が3度目の優勝を果たし、それぞれ代表となった。

 このほか佐賀県関係では、フリースタイル71キロ級で小柴伊織(鳥栖工―日本体育大)が5位に入った。