練習拠点アリーナの上棟式で、棟上げされる鉄骨にサインする選手たち=鳥栖市京町

練習拠点アリーナの上棟式で中冨一榮社長(前列中央)らと記念撮影する選手たち=鳥栖市京町

 来年春の完成を目指して鳥栖市のJR鳥栖駅南側で建設中の女子Vリーグ1部・久光スプリングスの練習拠点アリーナで17日、上棟式が開かれた。久光製薬(鳥栖市)の中冨一榮社長や選手がサインした鉄骨をクレーンで最上部に設置し、建物の骨格部分を完成させた。

 選手17人を含む関係者約50人が参加した。中冨社長は「昨季は2冠を達成し、来年からは本格的に佐賀から世界のクラブチームとして羽ばたいていきたい」とあいさつ。繁栄を願う儀式に続き、棟上げする長さ4メートル、重さ400キロの鉄骨に選手らがサインやメッセージを寄せ書きした。鉄骨が高さ18メートルにつり上げられ、設置が完了すると参加者から拍手が上がった。

 SAGA久光スプリングスの萱嶋章社長は「ここまでたどり着いてわくわくしている。県民、市民の皆さまのお役に立ちたい気持ちでいっぱい」と話した。練習拠点が鳥栖へ移ることについて主将の大竹里歩選手は「この体育館で練習し、一般利用の施設もあるので選手がより身近になる。皆さんの生活の中に久光スプリングスが存在できたらいいなと思う」と期待を込めた。

 同施設は、クラブハウスを併設するメインアリーナや一般開放されるサブアリーナなどで構成する。約1500の観客席を備え、親善試合の開催なども計画している。(樋渡光憲)