「キングダム」65巻の書影

 基山町出身の漫画家・原泰久さんの人気作「キングダム」の最新刊となる65巻=写真=が17日に発売、デジタル版も同日リリースされる。

 中国の春秋戦国時代を舞台に、天下一の将軍になることを夢見る少年の姿を描く物語。週刊ヤングジャンプ(集英社)に連載中で絶大な人気を誇り、単行本の累計発行部数は9000万部に達する。7月15日には映画「キングダム2 遥かなる大地へ」が全国公開。

【65巻のあらすじ】

 趙(ちょう)国総大将・扈輒(こちょう)を討ち、武城・平陽陥落を射程にとらえた秦(しん)軍。

 しかし趙国では、亡国の危機を救うべく復帰した李牧(りぼく)が、さらなる秦国の進攻を食い止めるべく、策を講じる。

 それを受け、秦軍総大将・王翦(おうせん)、秦軍総司令・昌平君(しょうへいくん)は相次いで“決戦の地″を指示。

 趙の歴史に終止符を打つべく、秦軍が目指すのは…!?