日本サッカー協会は16日、U-18日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーに、サガン鳥栖U―18のGK栗林颯(18)とMF楢原慶輝(18)を選出した。18日から22日まで千葉県の高円宮記念JFAフィールドで開かれる合宿に参加する。

 栗林は「ワンプレーワンプレーにこだわり、チームのために全力を尽くす」、楢原は「最大限の力を発揮し、たくさんのことを吸収してくる」とそれぞれコメントした。(中村健人)