全国大会での活躍を誓う三日月スラッガースの選手ら=小城市役所

 全国スポーツ少年団軟式野球交流大会に佐賀県代表として出場する小城市の三日月スラッガースの選手たちがこのほど、市役所を訪れて江里口秀次市長に全国大会での活躍を誓った。

 チームは三日月小の2~6年生22人が所属する。5月に有田町などで開かれた県大会で初優勝を飾り、全国大会出場を決めた。

 市役所では、嘉村卓監督が県大会で優勝を勝ち取った経過を報告し、永渕太陽主将が「全国では一戦一戦、全力プレーで頑張ります」と意気込みを力強く語った。江里口市長は新聞で少年野球の結果をチェックしていることを明かし、「チーム一丸で臆することなく戦って。活躍を楽しみにしています」と激励した。

 全国大会は8月4日から奈良県で開催される。(市原康史)