九州新幹線長崎ルートを巡る佐賀県と国の「幅広い協議」などについて質疑を交わした県議会=県議会棟

 6月定例佐賀県議会は16日、一般質問2日目の質疑があった。九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉の整備方式を巡る「幅広い協議」で、在来線の在り方をテーマにしたい国土交通省に対し、山下宗人地域交流部長はフル規格で整備する場合に想定される三つのルートにどのようなメリットがあるのか「国交省が考え方を提示することが優先」との認識を示した。

 自民党の冨田幸樹議員が「国交省が在来線の取り扱いについて説明したいと言うのなら一緒に議論すべきでは」とただした。

 山下部長は「整備新幹線は多額の建設費負担や在来線の利便性低下など不利益を受け入れてでも、それを超えるメリットがあるからこそ、地元が手を挙げて整備を求めるもの」との前提を示した上で、改めて「県はフル規格に同意していない」と強調した。

 その上で、想定される佐賀駅経由、佐賀空港経由、佐賀市北部経由の三つのルートについて「どのようなメリットがあるのか、佐賀県はもとより、九州の将来展望にどうつながっていくのか、国交省の考え方が示されれば、それを並べて協議したい」と述べた。

 国交省が求めている在来線の議論について、山下部長は「ルートによって在来線に与える影響も異なってくる」とし、「三つのルートの中で佐賀県が(メリットがあると)考えられるものがあった時、在来線の議論になる。メリットがなければ、議論をする必要もない」とした。

 幅広い協議は4カ月以上開かれていない。県によると、国交省は「準備にもう少し時間がかかる」としているという。

 16日は中本正一(公明)、原田寿雄(自民)、古賀和浩(同)、藤崎輝樹(県民ネット)の4議員も質問した。(栗林賢)