梅雨の中休みとなり、佐賀県内では青空が広がった。洗濯物を干す人の姿もみられた=16日、鹿島市山浦

 佐賀県内は16日、前日に続き高気圧に覆われ、梅雨の中休みとなった。水をたたえた水田では農家が田植えに汗を流し、住宅地では洗濯物が風になびいた。

 鹿島市山浦の棚田にある坂本征司さん(83)宅では、石垣や庭に植えられたアジサイが咲き誇り、妻の千鶴子さん(81)は洗濯干しに追われていた。

 アジサイは千鶴子さんが20年がかりでコツコツと植えた。「近くの国道に彩りを」と始め、今では棚田の石垣や自宅裏の斜面までカラフルな花が咲き誇る。

 佐賀地方気象台によると17日も引き続き青空が広がるが、週末以降は再び梅雨空が戻る。(中島克彦)