佐賀県弁護士会は18日午後1時から、死刑制度を考えるシンポジウムを佐賀市中の小路の県弁護士会館で開く。2018年のオウム真理教元幹部ら13人への死刑執行を題材に、死刑制度について問いかける映画「望むのは死刑ですか2-オウム“大執行”と私」を上映し、監督の長塚洋さんが講演する。視聴無料。

 映画は、殺害された坂本堤弁護士の元同僚や、オウム真理教から子どもを取り返そうとした「家族の会」メンバーの女性らの語りで構成する。死刑判決が言い渡された教団側の弁護人も出演する。オウム事件や死刑執行を巡る証言を通じて、死刑という刑罰について考える。

 上映後、長塚監督による講話があり、質疑応答なども行う。問い合わせは県弁護士会、電話0952(24)3411。(中島幸毅)