ブロック練習で汗を流す久光スプリングスの井上美咲(左)と大竹里歩=SAGAプラザ

スパイク練習で汗を流す久光スプリングスの平山詩嫣ら=SAGAプラザ

 7日から佐賀県内で合宿している久光スプリングス(鳥栖市)の練習が強度を上げて本格化している。15日の公開練習で選手たちは、力強いスパイクを放ち、ブロックのタイミングを合わせるなど、多くの会話を取りながら真剣に臨んだ。

 15日の午前は約2時間半にわたって汗を流した。セッター陣がミドルブロッカーやアウトサイドヒッターを使い分けながらトスを上げ、主将の大竹里歩らがスパイクを打ち込んだ。コーチ陣の強打をしっかりとブロックして相手コートに落とし、6対6での練習も実施。選手たちは充実した表情をのぞかせた。コーチ陣からは、コート内で選手同士がよりコミュニケーションを取る重要性を指摘する場面もあった。

 チームは、20日から唐津市文化体育館で行われる練習を一般向けに公開する。20、23の両日は午後4時から午後6時、21、24の両日は午前9時から正午まで。練習の写真や動画の撮影はできない。(小部亮介)