佐賀北署は15日、犯罪収益移転防止法違反の疑いで、住居不定、指定暴力団道仁会系組員の男(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は2021年12月上旬ごろ、佐賀市内の路上で20代男性から同人名義のキャッシュカード1枚と暗証番号の提供を受けた疑い。認否は明らかにしていない。

 同署によると、容疑者と男性は面識があったという。容疑者は警視庁に別の容疑で勾留中で、その捜査の中で男性の口座が犯罪に使われていたことが分かり、金融機関や関係者の聞き取りなどから容疑者が浮上した。余罪や男性の譲渡に関する容疑について調べる。