近年頻発する豪雨災害を受け、佐賀県は排水機場の操作員の安全確保に向けたマニュアルを武雄河川事務所と共同で作成した。作業の注意点や市町への協力要請といった内容を盛り込み、説明会などを通じて現場への周知を進める。

 「排水機場操作員安全管理マニュアル」として4月に策定した。A4判で55ページあり、安全な操作に向けた項目では、高所作業をしないことや屋外の機械回りを1人で作業しないことなどを明記している。