歌手の庄野真代さん(提供写真)

 「飛んでイスタンブール」などの名曲で知られる歌手の庄野真代さんが、7月10日の15時から佐賀市文化会館でコンサートを開く。40年を超える音楽生活を駆け抜けてきた庄野さんが、実力派シンガーの歌声を響かせる。

 庄野さんは大阪府出身。1976年、シンガー・ソングライターとしてデビュー。78年に「飛んで―」「モンテカルロで乾杯」のヒットで、NHK紅白歌合戦に出場した。80年から28カ国132都市を歩き、帰国後は音楽活動とともに執筆や講演活動にも力を入れた。2006年にNPO国境なき楽団を立ち上げ、11年には被災地支援のためのキャラバンコンサートを全国で開催。20年に7年ぶりのニューアルバム「66」をリリースした。

 演奏はピアニストのTamaさんとパーカッション奏者のYukiさんによるユニット「227」が担当する。オリジナル曲「Stars」がテレビ東京の美術鑑賞番組「美の巨人たち」のエンディング曲に起用されるなど、作曲やクラシック曲のカバー、圧巻のラブパフォーマンスで多面的な活躍を見せている。

 チケットは全席指定で5800円。未就学児は入場不可。問い合わせはRO♪ONの会、電話0952(26)2361。(花木芙美)