< Bake Story >

 

 武雄温泉通りに、6月1日、テイクアウトの焼き菓子専門店がオープンしました。グレーで統一された店内にふわりとただよう甘い香り。手作りのクッキーやマフィン、パウンドケーキ、テリーヌなど約20種類がずらりと並んでいます。
 店を営むのは、お菓子づくりが大好きだという西恵理さん、横山国子さん。それぞれ県内のカフェやパティスリーに勤務しながら、いつかは自分の店を出したいと夢を思い描いていました。子育て中の自分たちができる範囲でと、販売するのは焼き菓子とドリンクのみ。店名には“焼き菓子の物語”という意味と、“私たちのお菓子がみんなの物語に寄り添いますように”との思いを込めています。
 

オートミールクッキーやブールドネージュなど約20種類(120円~)を販売
嬉野茶を生地に練り込んだクッキー、香り豊かな発酵バターを使ったマドレーヌなどがケースを彩る
 


 お菓子作りで大切にしているのは、優しい甘さとしっとりとした食感。子どもにも安心して食べてもらえるように、県産小麦やきび砂糖、アルミフリーのベーキングパウダーなど材料も厳選しています。
 看板商品は、武雄の温泉水で蒸したテリーヌ2種類。フランス・ヴァローナ社製のチョコを使った「チョコレートテリーヌ」は、ほどよいビター感でワインのお供にもぴったり。バニラがフワッと香る「チーズテリーヌ」には3種類のチーズを使用、濃厚ながら爽やかな口当たりとクリーミーな味わいが特長です。
 

なめらかな口溶けの「チーズテリーヌ」と「チョコレートテリーヌ」(各350円)
 
レモンの酸味とふんわりとした生地がクセになる「レモンケーキ」(240円)


 「岸川製茶園」(嬉野市)から仕入れた嬉野茶の水出し茶、スペシャルティコーヒー豆専門店「みちくさ COFFEE ROASTER & DAREKA COFFEE STAND」(佐賀市)によるオリジナルブレンドコーヒーなど、試飲を重ねてセレクトしたドリンクも扱っています。
 「自分たちが好きなもの、食べたいものばかり。どれもおすすめですよ」と笑う二人。「何にしようかな」「あの人にもあげよう」と、楽しそうに選ぶ人の声が店内から聞こえてきます。(清川千穂)
 

中にクリームをしぼった、ふわふわ食感の「シフォンケーキ」(320円)
キューブ型のかわいい箱に入った「本日のケーキ」。数量限定で、内容はそのときどきで変わる

 

 

 

※新型コロナウイルスの影響により、営業時間や休みが変更になる場合があります


DATA


住/武雄市武雄町武雄7326-1
電/080-4788-9547
営/10:00-16:00 ※なくなり次第閉店
休/日曜
P/あり
IG/bake_story7326_1
他/電話での取り置き可
 

このエントリーをはてなブックマークに追加