唐津市七山と福岡県糸島市にまたがる脊振山系で大和エネルギー(本社・大阪府)が計画している風力発電事業に関し、事業者が七山の3地区の区長から環境影響評価(アセスメント)の実施に関する同意書を得ていたことが14日、市議会一般質問で明らかになった。

 一般質問で中村健一議員(志政会)が、事業者が1月、七山の3地区の区長に地質や騒音、景観などの調査への同意を得たと指摘した。青山泰三経済部長は「環境アセスメント法に基づく現地調査を実施することへの同意だと認識している。市としても重く受け止めている」と述べた。

 建設予定地には唐津市所有の保安林が含まれており、開発には県による保安林の指定解除が必要になる。峰達郎市長は、豪雨による土砂災害などが全国で多発していることに触れ「保安林が果たす役割を考えると、解除については慎重に検討すべきと考えている」と述べた。

 計画をめぐっては、市民団体が、事業者に保安林を貸さないよう市に求める署名を提出するなど計画に反対する動きがある。(松岡蒼大)