嬉野高塩田校舎の生徒が制作した木製カウントダウンボード。西九州新幹線嬉野温泉駅開業まで「あと101日」に迫った=嬉野市塩田庁舎

 西九州新幹線(武雄温泉-長崎)開業まで15日で「100日」-。嬉野温泉駅が新設される嬉野市で14日、カウントダウンボードがお披露目された。嬉野高塩田校舎の生徒が制作したもので、前面には人気アニメ「弱虫ペダル」のキャラクターが描かれ、開業までの残り日数がLED(発光ダイオード)で表示される。15日から市内の公衆浴場「シーボルトの湯」に設置する。

 カウントダウンボードは木製で、同校建築科と電気科の生徒が約半年をかけて制作した。裏面には特産の茶畑と市のキャラクターをデザインし、側面にはパンフレット入れなどを設けている。

 市役所であった除幕式には、制作した生徒らが出席。2年の荒谷美歩さんは「新幹線が通ったら、たくさんの観光客が嬉野に来てくれることを願ってつくった」と開業への期待を語った。(山口源貴)