陸上自衛隊目達原駐屯地(神埼郡吉野ヶ里町)は14日、わいせつな行為をしたとして、第1戦闘ヘリコプター隊の男性1等陸士(20)を停職4カ月の懲戒処分にした。男性隊員は15日付で依願退職する。

 同駐屯地によると、隊員は2021年1月25日、神埼郡吉野ヶ里町内の路上で、歩いていた10代女性に馬乗りになって下半身や胸を触った。同年2月に強制わいせつ容疑で神埼署に逮捕されていた。事件当時は勤務終了後に許可を得て外出中で、陸自の聞き取りに「性的欲求を満たすためにやった」と認めている。

 第1戦闘ヘリコプター隊長の薄井一1等陸佐は「このような事案が二度と起こることがないよう、教育、指導の徹底を図る」などとコメントした。