陸上の世界選手権(7月・米オレゴン州)代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は12日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、女子5000メートルは田中希実(豊田自動織機)が15分5秒61で2年ぶり2度目の優勝を果たし、2位の広中璃梨佳(日本郵政グループ)とともに代表に決まった。田中は1500メートル、広中は1万メートルに続く代表で、田中は800メートル決勝でも2位に入った。
 男子走り幅跳びは東京五輪6位の橋岡優輝(富士通)が8メートル27で世界選手権の参加標準記録を突破して2年連続5度目の頂点に立ち、代表に決まった。
 男子110メートル障害決勝は泉谷駿介(住友電工)が13秒21で2連覇し、2位の村竹ラシッド(順大)とともに世界選手権の切符を手にした。
 200メートルの男子は上山紘輝が20秒46で初優勝し、昨年王者の小池祐貴(ともに住友電工)は2位だった。女子は児玉芽生(ミズノ)が2年連続3度目の優勝を飾った。
 男子やり投げはディーン元気(ミズノ)が10年ぶり2度目の制覇。
 佐賀県関係では、女子砲丸投げで尾山和華(今村病院)が15メートル18で3位。男子砲丸投げの岩佐隆時(佐賀県スポーツ協会)が17メートル40で、男子走り幅跳びの山川夏輝(同)が7メートル96でそれぞれ5位入賞した。
 U20の日本選手権では、男子200メートルで田中翔大(法政大)が21秒41で6位に入った。(共同)