高校進学相談会で、中学生や保護者に学校方針や部活動などを説明する担当者=基山町総合体育館

学校の取り組みを分かりやすく説明する展示=基山町総合体育館

高校進学相談会のサイト

 佐賀県内の高校の魅力を伝えて進学に役立ててもらおうと、県教育委員会による「高校進学相談会」が11日、基山町総合体育館で始まった。県中東部地区の中学3年生や保護者らが参加し、学校方針や授業などの説明を受けながら進路選択の参考にした。

 鳥栖市や三神地区を中心に県立14校、私立5校の計19校が参加。学校ごとに設けられたブースで担当者が対応し、学校行事を紹介する映像やミニチュアの制服の展示もあった。中学生からは部活動や図書館などに関する質問が上がっていた。田代中3年の大川誠一朗さんは「さまざまな学校を知ることができる機会は貴重で、高校生活をイメージしやすかった」と話した。

 県学校教育課の担当者は「たくさんの情報を得た上で、自分に合った学校選びをしてほしい」と話す。高校進学相談会は今回を含めて5会場で実施する。当日受け付けも可能だが、事前の予約を呼びかけている。(井手一希)

 その他の会場と日程は次の通り。

 12日=嬉野市社会文化会館(20校)▽18日=有田町の焱の博記念堂(19校)▽19日=佐賀市のグランデはがくれ(32校)、唐津市文化体育館(22校)