福岡市佐賀県人会の懇親会で、乾杯をする出席者=同市のオリエンタルホテル福岡

 福岡市在住の佐賀県出身者でつくる福岡市佐賀県人会(西村松次会長)の定期総会と懇親会が8日、同市のオリエンタルホテル福岡で開かれた。新型コロナウイルス禍で中止が続いていた懇親会は3年ぶりの開催となった。約130人が顔をそろえ、お互いの近況報告やふるさとの話題で盛り上がった。

 あいさつに立った西村会長は「生まれ育った郷土の良さをしっかりと受け止め、九州経済の中心となる福岡で佐賀の応援団を広げていきたい」と呼びかけた。山口祥義佐賀県知事も出席し、建設中のSAGAアリーナや開業を控える西九州新幹線など県内の動きを紹介した。

 懇親会では佐賀の酒での乾杯に続き、自治体によるPRタイムや、特産品やバレーボールの久光スプリングスの選手サイン入りボールなどが当たる抽選会があった。最後はふるさとの歌「栄の国から」を全員で輪になって合唱し、対面での集いを喜び合った。(辻正宏)