東京五輪ソフトボール決勝の米国戦で勝利に貢献した藤田倭選手。5回には値千金の適時打を放った=7月27日、横浜スタジアム(共同)

 日本ワールドゲームズ協会は9日、7月に米アラバマ州バーミングハムで開催される非五輪競技・種目を中心とした国際総合大会「ワールドゲームズ」の日本代表選手142人を発表し、2024年パリ五輪で初実施されるブレイクダンスでは男子の半井重幸、女子の福島あゆみ、湯浅亜実が入った。

 ソフトボールは東京五輪で金メダルに貢献した後藤希友(トヨタ自動車)らがメンバー入りし、スポーツクライミングの男子で緒方良行(B―PUMP)楢崎智亜(TEAM au)、女子で野中生萌が名を連ねた。

 佐賀県関係は、東京五輪ソフトボール代表の藤田倭=佐賀女子高出身、ビックカメラ高崎=と内藤実穂(みのり)=同=、スポーツクライミング男子の樋口純裕(多久市出身)、フライングディスク女子の中山侑香(西九州大出身)が選ばれた。