2021年に全国であった山岳遭難は前年に比べ341件増の2635件、遭難者は前年比378人増の3075人だったことが9日、警察庁のまとめで分かった。例年に比べ富士山などの3千メートル級での遭難者が減り、高尾山や東京近郊の秩父山系、里山で増えた。

 漁船などをのぞく水難事故は同42件増の1395件で、水難者は同78人増の1625人。

 警察庁の担当者は山岳遭難の増加要因として、新型コロナウイルス禍で閉鎖した登山道や山小屋の再開などを挙げ「密を避けるため、近場に出かけた人が増えた可能性がある」と話している。

 3075人のうち死者・行方不明者は283人で、約7割が60歳以上。負傷者は1157人で、無事に救助されたのは1635人だった。都道府県別は長野県が276人と最も多く、北海道(216人)、東京都(195人)が続いた。

 水難者1625人のうち死者・行方不明者は744人。うち31人は中学生以下の子どもだった。

 2021年の佐賀県内の山岳遭難事故は16件で前年から6件増えた。原因別では道に迷ったのが11件、滑落2件、転倒したケースが2件や熱中症疑いが1件。遭難者数は19人(同3人増)で死者は1人だった。昨年9月に黒髪山で男性が滑落し亡くなった。

 水難事故は県内で、20年と同じ17件発生した。場所は用水路6件、海6件、河川2件、湖沼池3件。死者は12人で、多久市多久町小侍の中央公園内の池では21年5月、当時5歳の園児2人がおぼれて亡くなる事故があった。(共同)