実行委員会の設立総会に出席したJR九州の古宮洋二社長(中央左)ら=東京都内

 西九州新幹線(武雄温泉-長崎)の9月開業を前に、JR九州は佐賀、長崎両県の飲食、宿泊、工芸物産などに関わる人や団体を表彰する「西九州観光まちづくりAWARD(アワード)」を創設した。大賞受賞者は、同社のプロモーション事業で紹介する。募集は17日まで。

 佐賀、長崎に根付き、地域の魅力づくりに寄与する人や団体を対象にする。スポットライトを当てることで、地域の魅力を発信する狙い。審査では、「伝統」「進化」「循環」「共働」「多様」をキーワードに、歴史や伝統の尊重、既成概念にとらわれない価値の創造、持続的発展などを基準にする。9月上旬の授賞式を予定している。

 9日に東京都内で実行委員会の設立総会を開き、審査委員6人が顔を合わせた。委員長はJR九州の古宮洋二社長で、福岡県出身の福田里香さん(菓子研究家)や、長崎県出身の宮崎香蓮さん(俳優)らが委員を務める。

 古宮社長は「交流人口が増えること、人々が集まることはまちづくりだと思う。規模の大小に関係なく、魅力があるところにはまちづくりの要素がある。九州の魅力を全国に発信したい」と述べ、広く応募を呼びかけた。応募方法はJR九州のホームページで紹介している。(山口貴由)