小城市議会の6月定例会は9日、体調不良で欠席した議員の新型コロナウイルス陽性が確認されたとして、午後に予定していた一般質問の質疑を急きょ取りやめ、散会した。

 定例市議会は6日に開会し、7日から一般質問を行っていた。陽性が確認された議員は8日までの審議に出席していたため、他の議員は控室などで抗原検査を受けて陰性を確認した。10日の一般質問は予定通り実施する。(市原康史)