みなさんは、税金(ぜいきん)って何のためにあるのか考えたことがありますか?
 みなさんは「税金」と聞くとどういったことを想像(そうぞう)しますか。余計(よけい)にお金がかかるものと思われがちな「税金」ですが、今日はもうちょっと詳(くわ)しく「税金」を考えたいと思います。
 みなさんが納(おさ)めた税金は、みなさんが暮(く)らす社会の中で使われています。警察(けいさつ)・消防(しょうぼう)、道路の整備(せいび)といった「みんなのために役立つこと」や、子育て・年金・医療(いりょう)・福祉(ふくし)といった「社会での助け合いのため」に使われているほか、学校にも税金が使われています。
 わたしたちが暮らす社会を支(ささ)えるためにはたくさんのお金が必要で、そのためにみんなでお金を出し合って負担(ふたん)するのが「税金」です。つまり、税金は、みんなで社会を支え合うための「会費」とも言えます。
 そして、税金は大人だけでなくみなさんも支払(しはら)っています。お店でおかしや本を買った時にかかっている「消費税(ぜい)」です。2019年10月に税率(ぜいりつ)が10%に変わり、増(ふ)えた税金は、「社会での助け合いのため」の社会保障(ほしょう)の充実(じゅうじつ)に使われています。また、軽減(けいげん)税率制度(せいど)が導入(どうにゅう)されたため、おかしは8%だけど、本は10%と二つの税率があるので、少し難(むずか)しく感じるかもしれませんね。
 このほか、働いて得た給与(きゅうよ)などにかかる「所得税」、会社の利益(りえき)にかかる「法人税」など、私(わたし)たちの社会には、色々な種類の税金があります。
 みんなで出し合った税金です。使い道をみんなで考えるということもいいですね。(佐賀(さが)財務(ざいむ)事務所(じむしょ)総務(そうむ)課)