6月1日からペットの犬や猫に識別用のマイクロチップ装着が義務化されました。ペットショップやブリーダーが販売する場合は、チップの埋め込みと情報登録が必須となっており、その他からの譲り受けや、今一般家庭で飼われているペットに関しては、努力義務とされています。

 チップに記録された15桁の識別番号と、日本獣医師会のデータベースに登録された飼い主情報がひも付けされ、ペットの不法遺棄防止や、迷子になった場合には速やかな身元確認などに役立ちます。チップの読取器は動物保護センター、保健所などに設置されており、佐賀県でも保護犬などのチェックを行っているとのことです。

 サイズは長さ1センチ程度の小さな円筒状で、首の後ろ辺りに注射器で埋め込み、生涯そのままで読み取り可能だそうです。

 ネットでは、「痛そう」「健康に悪そう」など懸念する声もありますが、ペットのためにも「やって良かった」と思えるような新たな活用法が開発されていくことを期待したいですね。