神埼市脊振町に建設予定の城原川ダム事業の整備方式を巡り、内川修治市長は8日、市議会一般質問で「国が定めた現工法(流水型)を推し進めていく」と述べた。4月の市長選後に「貯水型」への変更を模索する意向について言及していたが、事実上撤回した格好だ。 服巻玉美議員の質問に答えた。