佐賀銀行(坂井秀明頭取)は、ベンチャー育成ファンド「佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第4号」を通して、シェアサイクルサービス運営の「neuet(ニュート)」(本社・東京都、家本賢太郎社長)に2千万円を投資したと発表した。投資形態は普通社債の引き受けとなっている。

 同社は、スマホで解錠や施錠、決済などができる自転車のシェアサービス『チャリチャリ』を運営。福岡市を中心に、東京都内の一部や名古屋市、熊本市で展開している。

 佐賀銀行は、脱炭素化やSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みに寄与し、社会的意義があるビジネスと判断し投資を決めた。

 ファンドは佐銀キャピタル&コンサルティングと出資して2018年4月に設立した。ファンド規模は5億500万円。(古賀真理子)