鳥栖-G大阪 後半43分、鳥栖DF黄錫鎬(20)の勝ち越しゴールに沸くサポーター=5月29日、鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 過密日程の5月を締めくくった29日のG大阪戦は、鳥栖DF黄錫鎬の移籍後初ゴールが決勝点となり、リーグ戦で4試合ぶりの白星を挙げた。今季は引き分けが多く、もどかしい試合が続いていただけに、終了間際の勝ち越しゴールで熱狂するサポーターの姿に気持ちよくシャッターを切った。

 ホームでのリーグ戦は今季無敗。ただ、この日の観客は7848人で日曜の開催としては少し寂しい思いだ。観客が1万人を超えたのはゴールデンウイークに行われた1試合のみ。声出し応援も段階的に緩和される動きを見せている。ぜひスタジアムに足を運び、最高の瞬間を共有してほしい。(写真と文・米倉義房)