■露店数半減「活気取り戻したい」 大正時代の初めに始まり、100年ほど続く「呼子朝市」が、高齢化などで出店者が少なくなっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加