「GENIUS IMARI」スタッフの(左から)中尾あゆみさん、相川由香さん、中尾美香さん=伊万里市伊万里町

 障害者のアート制作を通じた社会参加を支援する「ジーニアス」(佐賀市)が、伊万里市伊万里町に新しいアトリエを開設した。佐賀県内2カ所目で、一緒に働く仲間を市内外から募っている。

 ジーニアスは2020年、障害者が現場で支援を受けながら働く就労継続支援B型事業所として佐賀市内に開所した。「アーティスト」と呼ぶ利用者が手がけた絵画などの作品を販売したり、企業からデザインの注文を受けたりして運営し、現在二十数人が制作に取り組んでいる。

 伊万里市のアトリエは中心市街地の一角にあり、定員は20人。大手アパレルの元デザイナーや、米ニューヨークで油彩を学んだ画家らがサポートする。指導員を務める中尾美香さんは「アーティストの自由な発想にこちらが学ぶことも多い。それぞれの個性を伸ばしていけたら」と抱負を語る。

 運営会社の西村史彦代表(36)は「働きづらさや生きづらさも、アートの力で面白さに転換できる。このような場を今後も増やしていきたい」と話している。問い合わせは「GENIUS IMARI」、電話080(7329)3619。(青木宏文)